コラム

セーフティネット保証4号・5号(中小事業者向け資金繰り支援策)について

新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う外出自粛要請で、飲食業・宿泊業・小売業・サービス業など、あらゆる業種で業績への悪影響が生じています。

  • この状況はいつまで続くのだろう…
  • お店のキャッシュはあとどのくらいもつのだろう…
  • 事業規模の縮小も考えなければいけないだろうか…

そんな不安をお持ちの中小・小規模事業者の皆様は、セーフティネット保証4号・5号による資金繰り支援を受けられる場合があります(詳細は経済産業省のサイトからご覧いただけます)。

セーフティネット保証4号

制度の概要

災害等の発生によって経営の安定に支障が生じている中小企業者様に対し、信用保証協会が、既に提供している一般保証とは別枠で、最大2.8億円の保証限度額において融資額の100%を保証する制度です。

この保証により、金融機関は融資額全額の保証を受けられるので、融資の条件が緩和され、企業様としては、信用度に左右されずに緊急的な融資を受けることが可能になります。

対象となる事業者

以下の3つの要件を全て満たす企業様が対象となります。

  1. 指定地域(今回は全都道府県)において1年以上継続して事業を行っている
  2. コロナウイルスの影響を受け、直近1ヵ月の売上高が前年同月よりも20%減少している(3月申請であれば2月が対象)
  3. その後2ヵ月を含む3ヵ月後の売上高が前年同期よりも20%減少すると見込まれる

売上高の減少について、市区町村の認定が必要です。

指定期間

2020年2月18日~同年6月1日(今後変更の可能性あり)

手続

必要な手続は以下の3つです。これらは全て同時並行で進めることが可能です。

  1. 本店所在地の市区町村による、売上高減少についての認定手続(市区町村で手続)
  2. 信用保証協会への保証申込み(金融機関で手続)
  3. 金融機関への融資申込み(金融機関で手続)

必要書類

必要書類は多数ありますので、本店所在地の市区町村、各金融機関等にご確認いただくか、当法律事務所の相談窓口にお問い合わせください。

セーフティネット保証5号

制度の概要

全国的に業況の悪化している業種に属する中小企業者様に対し、信用保証協会が、既に提供している一般保証とは別枠で、最大2.8億円の保証限度額において融資額の80%を保証する制度です。

一般保証とは別枠ですが、セーフティネット4号と併用する場合、4号とは同じ枠になります(併用自体は可能です)。

対象となる事業者

以下の①及び②、または①及び③に該当する企業様が対象となります。

  1. 指定業種(こちらのリンク上のPDFからご確認いただけます)に属する事業を行っている
  2. 最近3ヵ月の売上高が前年同期と比べて5%以上減少している(直近3ヶ月の売上高が算出可能となるまでの間は,直近1ヵ月の売上高とその後2ヵ月間の売上高等見込みを含む3ヵ月間の売上高の減少でも可能)
  3. 製品原価のうち20%を占める原油等の仕入れ価格が20%以上上昇しているにもかかわらず、製品価格に転嫁できていない

売上高の減少について、市区町村の認定が必要です(4号と同様)。

指定業種を含む複数の事業を展開されている企業様については、やや複雑な認定要件となります。詳しくお知りになりたい場合、弊所までお問い合わせください。

指定期間

現在の指定業種につき、2020年3月6日~同月31日

手続

セーフティネット保証4号の場合と同様です。

必要書類

こちらも多数ありますので、本店所在地の市区町村、各金融機関等にご確認ください。

法律相談について

個別に弁護士に相談したい方は、当法律事務所が提供する「オンライン法律相談」をご利用ください。ネットで予約し、オンラインで相談できます。詳しくは、下記のリンクをご覧ください。