ニュース

緊急対応策第2弾・休校に伴う労働者支援拡充&小口資金貸付枠拡大

2020年3月10日、日本政府は新型コロナウイルスへの緊急対応策第2弾を発表しました。

今回の対応策のうち、金銭面への支援におけるポイントは以下のとおりです。

臨時休校に伴う労働者の金銭的支援拡充

フリーランス・自営業も対象になる

これまでの助成金では、業務委託契約などを結んでいるフリーランスや自営業は対象外でしたが、これを対象に含めました。

ただし、イベントの中止で収入がなくなった場合は対象になりません。

支給額は定額

支給額は1日あたり一律4,100円とされました。

支給期間

支給期間は2020年2月27日~同年3月31日までです。

個人向け緊急小口資金の特例

休職した場合で助成金の対象にならない人や、失業した人がいる世代などを対象に、最大で月額20万円を無利子で貸し付けます。

また、所得の減少が続く低所得の世帯は返済を免除するなどとする特例措置を実施します。

 

当法律事務所では、皆様からのご質問を無料で受け付けております。詳しくは、「ご質問・ご相談」をご覧ください。