コラム

従来の公的支援も利用しよう(生活保護・生活福祉資金貸付)

生活保護,生活福祉資金貸付

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府はこれまで事業者・労働者に対する支援策を複数発表してきました。本特設サイトでもニュース記事としてご紹介しています(緊急対応策第2弾・休校に伴う労働者支援拡充&小口資金貸付枠拡大)。

しかし、まだ制度の具体的な内容が決まっていないものもあり、どのように受給すればよいかわからない方も多いと思います。

既に毎日の生活に影響が出ている場合、新しい制度の具体化を待つだけでなく、生活保護や生活福祉資金貸付といった従来の公的支援も迷わず利用してください。

生活が立ち行かない方は「生活保護」、つなぎの生活資金が必要な方は「生活福祉資金貸付」の利用を検討してみましょう。

ご自身で役所に行くのは不安だという方は、弁護士が同行することもできます。所得が一定以下の方であれば法テラスが弁護士費用を補助してくれますので、最寄りの法テラス相談窓口にご連絡いただくか、当法律事務所の相談窓口にお問い合わせください。

なお、生活支援のいろいろな制度をわかりやすく知りたい方は、ビッグ・イシュー「路上生活・生活SOSガイド」をご覧いただくとよいと思います。

ご自身やご家族だけで抱え込むのではなく、ぜひ周りの方にも相談してみてくださいね。

法律相談について

個別に弁護士に相談したい方は、当法律事務所が提供する「オンライン法律相談」をご利用ください。ネットで予約し、オンラインで相談できます。詳しくは、下記のリンクをご覧ください。