ニュース

予定した時期に株主総会を開催できない場合の取扱い

株主総会

会社によっては、もうすぐ定時株主総会の時期ですね。

株主総会に人が集まると濃厚接触になる可能性が高いため、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、これを避けたい経営者の方もいらっしゃると思います。

そこで、法務省は、当初予定した時期に定時株主総会を開催できない状況が生じた場合の取扱を発表しました。

例えば、新型コロナウイルスに関連し、定款で定めた時期に定時株主総会を開催できない状況が生じた場合には、その状況が解消された後合理的な期間内に定時株主総会を開催すればよいと記載されています。

詳しくはリンク先の法務省のページをご覧ください。

当法律事務所では、皆様からのご質問を無料で受け付けております。詳しくは、「ご質問・ご相談」をご覧ください。