ニュース

公共料金・税金等の支払いが猶予されます

支払い猶予

新型コロナウイルスの感染拡大による仕事の減少で収入が減っている人向けに、国からの要請を受け、公共料金の支払いや税金等の納付猶予措置が採られ始めています。

詳細については、各ウェブサイトをご覧いただくか、関係機関に直接お問い合わせください。

電気・ガス料金

大手電力会社10社と大手ガス会社4社は、電気料金とガス料金の支払い期限を1か月繰り延べる特別措置の実施を決定しました。

国が設けている個人向けの緊急貸付制度を利用している人で、一時的に電気やガスの料金の支払いが困難になっている人が対象で、2020年3月25日以降、ご自身が契約している電力会社やガス会社に対して申請できます。

電話料金

NTTグループKDDIソフトバンクは、電話料金をはじめとするこれらの会社のサービス利用料につき、利用者からの申込みがあった場合には支払期限を延長すると発表しています。

いずれの会社も、2020年2月末日以降が支払期限となっている料金につき、同年5月末日まで延長(今後の状況次第では追加措置も検討)する方針で、申込み開始は同年3月23日(ソフトバンクは10時、その他は9時)となっています。

税・社会保険料

国税、社会保険料については、原則1年間、納付猶予や延滞金等の免除措置を採ることとなりました。

地方税についても、政府の要請を受け、各自治体が徴収猶予などの措置を打ち出し始めています。

厚生年金保険料国民年金保険料についても柔軟な運用がなされる方針です。

参考までに、2019年分の所得税・贈与税・消費税等の確定申告の受付期限も2020年4月16日まで延長されています。

当法律事務所では、皆様からのご質問を無料で受け付けております。詳しくは、「ご質問・ご相談」をご覧ください。