ニュース

自宅やホテルでの療養も医療保険の対象になります

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、軽症者は入院が認められずに自宅やホテルで療養するケースも増えてきています。

この流れを受け,2020年4月7日、日本生命第一生命明治安田生命住友生命という大手4社は、新型コロナウイルスの治療を受けていることを証明する書類があれば、自宅やホテルでの療養期間に対しても、入院の場合と同様に医療保険の保険金を支払うことを決定しました。

同月8日には太陽生命保険も同様の措置を発表しています。

(なお、前提として、新型コロナウイルス感染症は、入院給付金の支払対象となる「疾病」に該当し、検査結果が陽性か陰性かを問わず、医師の指示で医療機関に入院した場合は、医療保険の支払い対象となるのが原則です。)

詳細については各社のウェブサイトからご覧いただけます。また、上記以外の保険会社も今後同様の措置を採ることが考えられます。詳しくは、ご自身が加入している保険会社にお問い合わせください。

また、これらの保険会社は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、保険料の払込や更新手続きについても柔軟な対応を実施していますので、合わせてご確認ください。

法律相談について

個別に弁護士に相談したい方は、当法律事務所が提供する「オンライン法律相談」をご利用ください。ネットで予約し、オンラインで相談できます。詳しくは、下記のリンクをご覧ください。