ニュース

在庫酒類の持ち帰り用販売に新免許が設けられます

飲食店が持ち帰り(テイクアウト)用に酒類を販売するためには、酒類小売業免許が必要になっています。

新型コロナウイルスの感染拡大とこれに伴う外出自粛要請が長期化するにつれ、新たにこの免許を取得して酒類の持ち帰り用販売をし、それによって売上の確保を図りたいと思っている料飲店の方も増えているものと思われます。

このような流れを受け、2020年4月9日、国税庁は、免許取得の迅速化を図るため、一般の酒類小売業免許とは別に、「期限付酒類小売業免許」の制度を設けました。

申請期限は2020年6月30日まで,免許の期限は6ヵ月です。

手続きが簡素化され、申請後数日で取得できる見込みとなっており、登録免許税も免除されるようです。

概要は国税庁のウェブサイトに記載されておりますが、相談窓口は各地域の税務署(酒類指導官設置署等)になります。

法律相談について

個別に弁護士に相談したい方は、当法律事務所が提供する「オンライン法律相談」をご利用ください。ネットで予約し、オンラインで相談できます。詳しくは、下記のリンクをご覧ください。