コラム

東京都の感染拡大防止協力金について

2020年4月15日、東京都の感染拡大防止協力金についての詳細が発表されました。実施概要は以下のとおりです。

【2020.5.5追記】東京都は、緊急事態宣言の延長後も、全面的に協力に応じた事業者に対し、協力金を追加で支給する方針を固めました。

【2020.5.21追記】本協力金の第2回目の実施について、コラムを書きました。

対象となる事業者の要件

  1. 「東京都における緊急事態措置等」により、休止や営業時間短縮の要請等を受けた施設を運営する中小企業及び個人事業主であること(参考:休止要請等の対象施設一覧
  2. 緊急事態宣言以前に開業しており、営業の実態があること
  3. 緊急事態措置期間中(2020年4月11日から5月6日まで)に休業等の要請等に全面的に協力したこと

③の「全面的な協力」とは、緊急事態措置の全期間、要請等に応じて休業等を行うことが基本ですが、少なくとも2020年4月16日から5月6日までの期間において休業(飲食店等の食事提供施設の場合は営業時間の短縮)に協力することをいうとされています。

※都外に本社があっても、都内の事業所の休業を行った場合には対象になります。
※100㎡以下の施設でも、休業を行った場合には支給対象となります。

対象となる事業の具体例

例えば、飲食店の場合、22時まで営業していた店舗が20時までの営業に短縮するなど、朝5時から20時までの時間帯の営業に短縮した場合に対象となります。

店内飲食の営業時間を短縮し、20時から朝5時までの営業を行わない場合は、その時間帯にテイクアウトサービスを行っていても、対象となります。

東京都産業労働局のウェブサイト上の「よくあるお問い合わせ」にも具体例が随時追加されていますので、ご確認ください。

支給額

50万円(2店舗以上有する事業者は100万円)

※協力事業者として都のホームページで施設名(屋号)の紹介も行われます。

申請手続

今後の流れ

4/15(水)コールセンターの拡充

「東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター」
 開設時間 9時~19時(土日祝日を含む毎日)
 電話番号 03-5388-0567
4/22(水)募集要項公表・受付開始(Web申請サイトの立ち上げ)
5月上旬~ 協力金の支給

申請受付期間

2020年2年4月22日(水)~6月15日(月)(予定)

申請方法

専用ホームページからのWEB申請・郵送・持参、いずれも可

申請に必要な書類(予定)

  1. 協力金申請書(法人の場合は「法人番号」を記入)
  2. 営業実態が確認できる書類
    (例)確定申告書の写しのほか、直近の帳簿、業種に係る営業許可証の写し など
  3. 休業の状況が確認できる書類
    (例)事業収入額を示した帳簿の写し、休業期間を告知するホームページ・店頭ポスターの写し など
  4. 誓約書

 

法律相談について

個別に弁護士に相談したい方は、当法律事務所が提供する「オンライン法律相談」をご利用ください。ネットで予約し、オンラインで相談できます。詳しくは、下記のリンクをご覧ください。