コラム

新型コロナウイルスの便乗詐欺等にご注意ください

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ウイルスへの不安を利用した詐欺被害や悪徳商法が多く発生しています。

以下は一例に過ぎませんので、知らない人からの電話やメールには十分注意し、少しでもおかしいと思う場合にはすぐに警察や第三者に相談しましょう。

なお、国民生活センターのウェブサイトにも相談事例が随時追加されていますので、ご参照ください。

振り込め詐欺の例

  • 市の職員を名乗って「保険料の還付金がある」とし、「役所は多忙だからATMで手続きします」として、金銭の振込を求める
  • 息子を装った電話で「知人への借金を肩代わりして欲しい」と告げ、その後に知人を装った電話で「コロナ騒ぎでお金に困っているのですぐに返して欲しい」と告げて、金銭の振込を求める
  • 身内を装って「コロナウイルスに感染したので支援して欲しい」として、金銭の振り込みを求める

なりすましによる個人情報取得の例

  • 電話やスマートフォンのメッセージなどを利用して、役所、金融機関、携帯電話会社などを名乗り、「助成金を配布するため」「マスクを配布するため」「検査が無料で受けられる」などの理由で、個人情報(家族構成・銀行口座・キャッシュカードの番号・マイナンバー)を聞き出す
  • 水道局員や行政から委託を受けた業者を装って「水道水に新型コロナウイルスが混ざっている可能性があるから除去しに行く」「自宅を消毒しに行く」「パンフレットを持参したい」などとして自宅住所を聞き出す
  • 「マスクが購入できる」「マスクが買えるサイトがある」というSNSの書き込みや広告で通販サイトへ誘導してクレジットカード番号を聞き出す

悪質商法の例

  • ネットでマスクを注文して決済もしたのに、その後マスクは届かず、業者とも連絡が取れない
  • マスクや消毒液を高額で購入するように迫る
  • 「新型コロナウイルスの拡大で金の相場が上がる」として、金を買う権利を申し込むように迫る

 

法律相談について

個別に弁護士に相談したい方は、当法律事務所が提供する「オンライン法律相談」をご利用ください。ネットで予約し、オンラインで相談できます。詳しくは、下記のリンクをご覧ください。