コラム

小規模企業共済制度の利用(無担保貸付・掛金・利子)について

新型コロナウイルスの影響で経営が悪化した小規模企業に向け、共済制度を利用した経営安定策がいくつか設けられていますので、ご紹介します。

特例緊急経営安定貸付

緊急経営安定貸付制度の概要

経済環境の変化等による一時的な業況悪化によって、資金繰りに支障を来している小規模企業共済の契約者に対して、事業資金を貸し付ける制度

特例措置の概要

新型コロナウイルスの影響で業況が悪化した場合について、貸付利率の無利子化、据置期間の設定、償還期間の延長など、貸付要件の緩和を実施

対象者

新型コロナウイルスの影響で業況が悪化し、最近1ヵ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少している小規模企業共済の貸付資格を有する契約者

貸付限度額

2,000万円(ただし、契約者が納付した掛け金の7~9割の範囲内)

貸付利率

無利子

償還期間

貸付金額500万円以下の場合は4年、505万円以上の場合は6年(いずれも1年間の据置期間を含む)

担保・保証人

不要

共済契約者貸付利用者の延滞利子の免除

新型コロナウイルスの影響で業況が悪化し、最近1ヵ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少している小規模企業共済の契約者については、2020年4月7日時点で契約者貸付を受けている場合、延滞利子を約定償還期間から1年間免除されます(ただし、約定償還期日が2020年3月1日以降の借り入れが対象)。

掛金の納付期限の延長等

新型コロナウイルスの影響で業況が悪化し、最近1ヵ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少している小規模企業共済の契約者については、希望により以下のいずれかを選択することができます。

  1. 掛金の納付期限の延長
    掛金の納付期限を最大6ヵ月延長し、この期間の掛金の納付(掛金請求)を停止
  2. 掛金月額の減額
    掛金月額は1,000円から70,000円の範囲内で、500円単位で自由に選択できます。

 

法律相談について

個別に弁護士に相談したい方は、当法律事務所が提供する「オンライン法律相談」をご利用ください。ネットで予約し、オンラインで相談できます。詳しくは、下記のリンクをご覧ください。