コラム

自動車税等の地方税の徴収猶予について

自動車税の納付期限は5月末となっているところがほとんどですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、金銭的に余裕がない方もいらっしゃることとと思います。

自動車税等の地方税については各自治体の判断となりますが、東京都を初めとして多くの自治体で徴収猶予の措置が採られているようです。

ここでは東京都の場合についてご紹介しますので、他の道府県在住の方は、お住まいの道府県に問い合わせてみてください。

都税の徴収猶予制度

  • 対象:全ての都税(自動車税環境性能割、狩猟税等を除く)
  • 猶予期間:1年間
  • 延滞金:全額免除
  • 担保:不要

徴収猶予制度の種類

「徴収猶予の特例制度」と「徴収猶予」の2つの申請方法があります。いずれも、申請後に審査が行われ、承認された場合に限って猶予されることとなる点にご注意ください。

徴収猶予の特例制度

対象者

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入(給与や売上)が前年同期に比べて概ね20%以上減少している場合
  2. 一時に納付し、又は納入を行うことが困難な場合

上記の①②をいずれも満たすことが必要です。

対象となる都税

2020年2月1日から2021年1月31日までに納期限が到来する全ての都税(自動車税環境性能割、狩猟税等を除く)

猶予期間

納期限から最長1年間
※ただし、予定中間申告による法人都民税・法人事業税等は、確定申告書の提出期限までの期間

申請期限

納期限まで
※ただし、2020年2月1日から2020年6月30日までに納期限が到来する都税については、2020年6月30日が申請期限となります。
※納税通知書が発送されて以後、または、都税を申告されて以後に申請することになります。また、修正申告をする場合は、申告と同時に申請します。

申請様式・申請先・申請方法・手続の流れ

所轄の都税事務所に郵送やeLTAXによって提出します。詳細及び申請様式については東京都主税局のウェブサイトをご覧ください。

徴収猶予

対象者

新型コロナウイルスの影響で、以下のようなケースに該当する方

  • 収入(給与や売上など)が概ね20%以上減少した場合
  • 納税者本人又は生計を同じにする家族が新型コロナウイルスにり患した場合
  • 消毒作業などで、備品や棚卸資産を廃棄したなど、財産に相当な損失が生じた場合
  • 納税者の方が営む事業について、事業を廃止し、又は休止した場合

対象となる都税

全ての都税(自動車税環境性能割、狩猟税等を除く)

猶予期間

最長1年間

申請期限

2021年3月31日まで(随時受付)
※納税通知書が発送されて以後、または、都税を申告されて以後に、申請することになります。

申請様式・申請先・申請方法・手続の流れ

所轄の都税事務所に郵送等よって提出します。詳細及び申請様式については東京都主税局のウェブサイトをご覧ください。

車検はどうなる?

徴収猶予の期間中に車検を申請する場合、納税証明書にかわる「徴収猶予許可通知書」の交付を受けることができ、これを提示すれば問題なく車検を受けることができます。

その他の方法

この他、自動車税の支払いが困難な場合には、自動車税事務所に納付相談をすることで「分割払い」が認められることもあります。

ただし、分割払いの場合は延滞金がかかってしまいますし、全額納付するまで車検に通らないというデメリットがありますので、ご注意ください。

 

法律相談について

個別に弁護士に相談したい方は、当法律事務所が提供する「オンライン法律相談」をご利用ください。ネットで予約し、オンラインで相談できます。詳しくは、下記のリンクをご覧ください。